冷え対策!カイロを貼る場所で効果的に下半身を温める方法

12月になってぐっと冷え込んできましたね!

冷えで悩んでいる女性って多いと思います。私もその1人です。夏生まれのせいか、本当に冬の寒さと冷えが辛くて、寒くなってくると段々と気分も憂鬱になってしまいます(-_-)

冬季うつになるんじゃないかってくらい。。。そんな私の冬にカイロは欠かせません。足裏の靴下用カイロは冬になるとほぼ毎日使用しています。

でも、せっかく寒さ対策で使い捨てカイロを使うなら、効果的に体を温める場所が知りたいですよね!そこでこの度は下半身を効果的に温められる場所を調べてみました。

ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

ほかほかカイロの貼る場所を工夫して下半身を温める方法!

昔からおばあちゃん世代には「女の子は下半身を冷やしちゃだめ!!」って言われませんでしたか??女性は元々、男性より下半身の一番大きな筋肉がある太ももに脂肪が多く筋肉量が少ないことから冷えやすいのですが、さらに卵巣や子宮といった生殖機能を担う部位は他の臓器と比べて冷えによる影響を強く受けるようなのです。

これは、心臓などの臓器は私達が生きていく上で欠かせない臓器なのですが、卵巣や子宮は生命活動とは直接関係がなく、冷えて血流が悪くなると体は生命維持に重要な役割を果たす臓器に優先的に血液を回すようになるからだそうです。なるほどって感じですよね。昔の人も下半身の冷えが生理不順や不妊に繋がると何となく感じ取っていたのでしょう。

そこで貴方が下半身の冷えを解消したいなら、次の2つの場所を暖めるのが効果的!

スポンサーリンク

仙骨周辺を温める

仙骨や尾てい骨は、背骨と腰をつなぐ骨のことです。お尻の割れ目の上の突起あたりですね。ここにカイロを貼りましょう。 仙骨は骨盤の要といわれており、重要な神経や血管が通っている場所です。下半身の重要な様々の神経が通っているため、ここを暖めることで下半身を暖めることが出来るようです。 さらにこの部分は比較的、脂肪が少ないため、効果的に温められるのだそうです。

内側くるぶしから指四本上を温める

三陰交というツボがある部分です。 冷えやむくみ、不妊、生理不順、胃腸虚弱などには特におすすめだそう。下半身だけでなく全身温めるのにも効果的だそうです。 確かに、カイロを貼らなくてもこのツボを刺激するだけでも、じんわりじんわり手足が暖かくなりますから、絶対効く気がします!

冷え対策にカイロを貼る場所はココ!下半身以外はここに貼ろう!

熱が出たらここを冷やすとか、風邪をひいたら暖める場所ですよね。首は太い血管が通っているところなのでここを温めると体も暖かくなります。また首の付け根の背骨の出っ張りの部分にも冷えを解消するツボがあって、体を暖めるのに効果的です。TVの番組でも首から熱が逃げていくので、冬は首にマフラーを巻くのはとても合理的なことだと言っていました。

背中の肩甲骨の中心部分

背中、肩甲骨の間は、内臓の神経が集まっている場所です。ここを暖めると、胃腸の働きが良くなり全身の血流アップにつながるのだとか。ここを温めるのは冷えによる肩こりにも効きそうですね。

皆さんも一度試してみて下さいね!

 ただくれぐれも低温やけどには気を付けてください。カイロが直接肌に当たらないようにしてインナーも分厚いものを着てみたり、工夫して効果的に冷え対策してくださいね。 
スポンサーリンク